月と地とカマイタチの合流

「蜃気楼」に関して、どのように感じているかな。「漁師」って、常識的にはどのように考えられているんだろう。別に考察してみるわけじゃないよ。
HOME

どんよりした休日の夕暮れは昔を思い出す

憧れの寒い国、ロシアに、必ずいつか行きたいと思っている。
英語のクラスに飽きた時、ロシアの言語を学んでみようかと思い立ったことがある。
結局、ぱらぱらめくったロシア語の初歩的な参考書をみて即英語にもどった。
動詞活用が半端なく多かったのと、会話のあの巻き舌だ。
ツアー客としてスピリタスとオリビエを堪能しに行きたいと思う。

風の無い仏滅の昼は散歩を
甘いおやつがめちゃめちゃ好きで、ケーキや和菓子を自分でつくるけれど、娘が大人のものを欲しがる年になって作るものが気を付けなければならなくなった。
私たち親がすごく喜んで口にしていたら、子供がいっしょに食べたがるのは当たり前だから子供も食べてもいいバウンドケーキを自分でつくる。
私は、チョコ系のスイーツがたいそう好きなのだけれど、しかし、娘にはチョコ系のケーキなどは小さなうちは食べさせたくないのでつくるのを控えている。
ニンジンやバナナをいれたバウンドケーキが体にもいいので、砂糖とバターをひかえてつくる。
笑顔でうまいと言ってくれたら、とってもつくりがいがあるし、またつくろうと思う。
ここ最近、ホームベーカリーも使用してつくったりする。
そうしたら、簡単だった。
いつもは、自分で一生懸命混ぜるけれど、ホームベーカリーは、混ぜてくれるし簡単だ。

雲の無い週末の朝はカクテルを

このところ、物語を読むのは少なくなったが、昔に水滸伝の北方謙三版に心を奪われていた。
別な水滸伝を読んだ時は、物足りなくて、熱中することはなかったが、北方謙三版の水滸伝を読みふけったときは、興奮して、読むのが止まらなかった。
業務の昼休憩や帰ってからの夕食中、お風呂でも読みふけって、1日一冊ずつ読み進めていた。
キャラクターが人間味あふれていて、雄々しい登場人物がめっちゃ多人数で、そんなところに心を奪われていた。

具合悪そうにダンスする友人と紅葉の山
友人の知佳子の恋人であるSさんが経営する食品会社で、毎回和歌山の工場で作った梅干しを買っている。
酔っぱらうと電話をかけてくれるSさんの社員のEくんという男性は、なぜかトークがかみ合ったことがない。
素面のときのE君、結構な人見知りが激しいようで、そこまでたくさん話さない。
したがって、私自身、E君と話したと言えるくらい話をしたことがない。

涼しい水曜の朝にこっそりと

かなり遠い昔、見たことのある映画が、「ビフォアーサンライズ」といって、邦題は恋人までの距離というものだ。
20歳のお姉さんに、「良い映画だよ」と聞いた物語だ。
電車内で居合わせたアメリカ人の、イーサン・ホーク演じるジェシーと、フランス人の、ジュディー・デルピー演じるセリーヌは限られた時間でウィーンを旅するストーリーだ。
この映画の珍しいのは、これといったピンチや起承転結の点の部分がそんなに無いところ。
出会ったばかりという2人の主人公は、愛すること、そして、生き方に関してひたすら討論する。
当時中学校3年生だった私は、分からないことが多く、幼く、退屈だと思いながら見た映画だった。
実は、昨日、偶然DVD店で見つけ、これはまさかと思い借りてみたところ、めちゃくちゃ感銘を受けた。
中でも、レコードショップで、ケイス・ブルームのカムヒアを聞きながら視線を投げあう部分。
お互いの帰国がやってきて、要は、サヨナラのシーン、そこで最後を迎える。
その時は心に響かなかったこのストーリー、時間をおいて楽しむと、すこしまたく違う見方ができるのだろう。
とりあえず、2人がレコードショップで聞いていたアルバムを、ショップより見つけて聞いている。

雹が降った祝日の夜明けに目を閉じて
近頃のネイルブースは、スカルプなど、素晴らしく難しい技が使用されているみたいだ。
気持ち程安くしてくれる招待状を貰ったので、サロンに向かった。
思いっきり、色やデザインに関して、悩んでしまうので、決めるのに時間を使った。
小指と薬指に、簡単なアートをしていただいて、感動しご機嫌になった。

どんよりした週末の午後はシャワーを

大学生の時、株に興味をもっていて、買ってみたいとおもったことがあるのだけれども、たいしたお金ももっていないので、購入できる銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードに興味があったけれど、しかし、頑張って稼いでためた貯金が簡単になくなるのも恐怖で、購入できなかった。
楽天証券に口座はつくって、貯金から動かして入れて、パソコンのエンターを押すだけで購入できるように準備したけれど、恐怖で買えなかった。
せいいっぱい、働いて稼いでためた貯蓄だから、金持ちの人たちから見たら少ないお金でも大きく減ってしまうのは恐怖だ。
しかし一回くらいは買ってみたい。

凍えそうな金曜の午前は冷酒を
普段、仕事やするべきことに追われて、ほとんどフリーの時間が持てない。
少しばかり空き時間があっても、なぜか次の仕事の予定など、今後の期限が頭にある。
それでも、大きな時間ができると、めちゃくちゃ喜んでしまう。
よ〜し、この空いた時間をどうやって使おうかと。
結局ほとんどが、あれも、これしたい、など願望のみが募り、完全には上手くいかない。
何をしていても私はマイペースなので、気付けば一日が経過。
時は金なり、という言葉は本当に明確だと思う。

ゆったりと自転車をこぐ先生と夕焼け

喫煙は自分の体に一利もない。
と、知っていても吸ってしまうらしい。
新入社員の頃、仕事で紹介されたIT企業の重役のおじさん。
「私が病気一つしないのは煙草とアルコールのおかげです!」とはっきり言っていた。
こんなに言われると、ストレスのたまる禁煙は無しでもOKかもな〜と思う。

目を閉じて体操する兄弟と夕立
購入した生地で、幼稚園に入園する子の袋を縫わなくてはいけない。
母親である家内が作るとは言っても、俺もいやではないので、面倒なようすだったら手伝おうと思う。
道具をしまうものが園に入園するのにいる。
ミシンも遅ればせながら配達された。
使いごこちも感じてみようと考えている。

ラクダ

Copyright (C) 2015 月と地とカマイタチの合流 All Rights Reserved.